学校いじめ防止基本方針
青森県立中里高等学校
1 学校いじめ防止基本方針
 伝統と地域に包まれた中里高等学校の教育推進者である私たちは、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな生徒を育成するため、教育は人づくりという視点に立ち、日々教育活動に邁進している。そのような教育現場の中でいじめをきっかけに不登校になったり、自らの命を絶とうとしたり、深く傷つき悩んでいる生徒もいる。いじめ問題への対応は本校にとっても大きな課題であると考えている。
 そこで、本校では生徒達が意欲を持って充実した高校生活を送れるよういじめ防止に向け、日常の指導体制を定め、いじめの未然防止を図りながら、いじめの早期発見に取り組むとともに、いじめを認知した場合は適切に且つ速やかに解決するための「学校いじめ基本方針」を定める。
 
2 いじめとは
(1)いじめの定義
 「いじめ」とは、生徒等に対して、当該生徒等と一定の人的関係にある他の生徒等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった生徒等が心身の苦痛を感じているものをいう。
(2)いじめに対する基本的な考え方
 「いじめは、どの学校でも、どの学級にも、どの生徒にも起こり得る」ものであるということを十分認識するとともに、特に以下の点を踏まえ、適切に対応する必要があるということ。
「いじめは人間として絶対に許されない」という強い認識をもつこと
いじめられている子どもの立場に立った親身の指導を行うこと
いじめは家庭教育の在り方に大きな関わりを有していること
いじめの問題は、教師の生徒観や指導の在り方が問われる問題であること
学校・家庭・地域社会など全ての関係者が一体となって真剣に取り組むことが必要であること
(3)いじめの構造と動機
@ いじめの構造(いじめの4層構造) 森田洋司 1986年
いじめる生徒
観衆(はやしたてたり、おもしろがったりして見ている)
傍観者(見て見ない振りをする)
いじめられている生徒
いじめの持続や拡大には、いじめる生徒といじめられる生徒以外の「観衆」や「傍観者」の立場にいる生徒が大きく影響している。「観衆」は積極的に是認し、「傍観者」はいじめを暗黙的に支持しいじめを促進する役割を担っている。
A いじめの動機
いじめの動機には、以下のようなものなどが考えられる (東京都教育研究所引用)
嫉妬心(相手をねたみ、引きずり下ろそうとする)
支配欲(相手を思いどおりに支配しようとする)
愉快犯(遊び感覚で愉快な気持ちを味わおうとする)
同調性(強いものに追従する、数の多い側に入っていたい)
嫌悪感(感覚的に相手を遠ざけたい)
反発・報復(相手の言動に対して反発・報復したい)
欲求不満(いらいらを晴らしたい)
(4)いじめの態様
心理的ふざけ型(嫌がらせ、落書き・物隠し、暴力等)
心理的いじめ型(仲間はずれ、無視、悪口、メールでの誹謗中傷等)
物理的ふざけ型(使い走り、ぶつかる、小突く、プロレスごっと等)
物理的いじめ型(たかり、命令・おどす、性的辱め等)
 
3 いじめ防止の校内体制について
(1)日常の指導体制
いじめを未然に防止し、早期に発見するための日常の指導体制を以下の通りとする。
別紙1 日常の指導体制(いじめ防止委員会の設置)
(2)緊急時の組織的対応
いじめを認知した場合のいじめの解決に向けた組織的な取組を以下の通りとする。
別紙2 緊急時の組織体制(いじめ対策委員会の設置)
 
4 いじめの未然予防について
 いじめの問題への対応では、いじめを起こさせないための予防的取組が求められる。
 学校においては教育活動全体を通して、自己有用感や規範意識を高め、豊かな人間性や社会性を育てることが重要である。
(1)学業指導の充実
「わかる」授業の実践
授業公開による教員相互の授業評価
定期的な情報交換会の実施
(2)特別活動・道徳教育の充実
全校ボランティア活動の実施(5月)
インターンシップの実施(9月)
高大連携キャリアサポート推進事業の実施
(3)教育相談の充実
全校で計画的に面談週間を設定 (年2回)
教育相談・特別支援委員会の開催(年3回)
(4)情報教育の充実
教科「情報」におけるモラル教育の充実
「スマートフォン安全教室」の実施
(5)保護者・地域との連携
いじめ防止対策推進法、学校いじめ防止基本方針等の周知
登校時一声運動の実施(年2回)
地域ボランティアへの積極的な参加
中泊町「なにもささ流し踊り」参加
学校公開の実施
 
5 いじめの早期発見について
 いじめ問題を解決するための最も重要なポイントは、早期発見です。日頃の生徒の言動に留意するとともに、何らかのいじめのサインを見逃さないことが大切です。
(1)いじめの発見
ホームルームでの生徒観察
個人面談の実施
生徒に対するアンケート実施(学校生活調査を毎月実施)
心理検査の実施(Q−U、アセス等)
保健室との連携
職員会議等での生徒の情報共有
教職員の資質・能力向上のために教員研修に参加
(2)いじめのサイン
表情や態度: 沈んだ表情。口をききたがらない。わざとはしゃぐ。ぼんやりした状態でいる。視線を合わせるのを嫌う等。
服装: 顔や体に傷やあざができている。マジックで身体へのいたずら書き。登校時に身体の不調を訴える。顔がむくんでいたり青白い等。
行動: ぽつんと一人でいることが多い。急に学習意欲が低下。忘れ物が多くなる。特定のグループと行動するようになる。使い走りをさせられる。プロレスの技を仕掛けられる等。
持ち物: 持ち物がしばしば隠される。持ち物に落書きされる。必要以上のお金を持っている等。
周囲の様子: 人格を無視したあだ名を付けられる。よくからかわれたり無視されたりする。発言に爆笑が起きる等。
 
6 解決に向けた対応について
(1)生徒への対応
@ いじめられている生徒への対応
事実確認とともに、まず、つらい気持ちを受け入れ、共感することで心の安定を図ります。
「最後まで守り抜くこと」「秘密を守ること」を伝えます。
必ず解決できる希望がもてることを伝えます。
自身を持たせる言葉をかけるなど、自尊感情を高めるよう配慮します。
温かい人間関係をつくります。
A いじめた生徒に対して
いじめた気持ちや状況などについて十分に聴き、生徒の背景にも目を向け指導します。
心理的な孤立感・疎外感を与えないようにするなど一定の教育的配慮のもと、毅然とした対応と粘り強い指導を行い、いじめが人として決して許されない行為であることやいじめられる側の気持ちを認識させます。
今後の生き方を考えさせます。
必要がある場合は懲戒を加えます。
(2)周りの生徒への対応
当事者だけの問題にとどめず、学級及び学年、学校全体の問題として考え、いじめの傍観者からいじめを抑止する仲裁者への転換を促します。
「いじめは決して許さない」という毅然とした姿勢を学級・学年・学校全体に示します。
はやしたてたり、見て見ぬふりをする行為も、いじめを肯定していることを理解させます。
いじめを訴えることは、正義に基づいた勇気ある行動であることを指導します。
いじめに関するマスコミ報道や、体験事例等の資料をもとにいじめについて話し合い、自分たちの問題として意識させます。
望ましい人間関係づくりに努めます。
自己有用観が味わえる集団づくりに努めます。
(3)保護者への対応
@ いじめられている生徒の保護者に対して
発見したその日のうちに、家庭訪問等で保護者と面談し、事実関係を伝えます。
学校の指導方針を伝え、今後の対応について協議します。
保護者のつらい気持ちや不安な気持ちを共感的に受け止めます。
継続して家庭と連携を取りながら、解決に向けて取り組むことを伝えます。
家庭で生徒の変化に注意してもらい、どのような些細なことでも相談するように伝えます。
A いじめている生徒の保護者に対して
正確な事実関係を説明し、いじめられた生徒や保護者のつらく悲しい気持ちを伝え、よりよい解決を図ろうとする思いを伝えます。
「いじめは決して許されない行為である」という毅然とした姿勢を示し、事の重大さを認識させ、家庭での指導を依頼します。
生徒の変容を図るために、今後のかかわり方などを一緒に考え、具体的な助言をします。
(4)関係機関との連携
 深刻ないじめの対応では学校だけでの解決が困難な場合もある。関係機関との適切な連携を図るとともに、学校においては、平素から関係機関の担当者との情報交換や連絡会議の開催など情報共有体制を構築しておく必要があります。
@ 教育委員会との連携
A 警察との連携
B 福祉関係との連携
C 医療機関との連携
 
7 ネットいじめへの対応について
(1)ネットいじめとは
 パソコンや携帯電話、スマートフォンを利用して、特定の生徒の悪口や誹謗中傷等をインターネット上のWebサイトの掲示板などに書き込んだり、メールを送ったりするなどの方法により、いじめを行うことであり犯罪行為である。
(2)ネットいじめの予防
 学校での情報モラルの指導だけでは限界があり、家庭での指導が不可欠であることから、保護者と緊密に連携・協力し双方で指導を行います。
@ 学校での対応
教科「情報」における情報モラル教育の充実
ホームルームでの話題提供
A 保護者へ啓発
フィルタリング
家庭でのルールづくり
保護者の見守り
保護者に対する情報モラル講演会
(3)ネットいじめへの対処
 書き込みや画像の削除やチェーンメールへの対応等、具体的な対応方法を生徒、保護者に助言し、協力して取り組む必要があります。学校、保護者だけでは解決が困難な事例が多く、警察等の専門機関との連携が必要になります。
 
8 重大事態への対応について
(1)重大事態とは
@ 生徒の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがある。
生徒が自殺を企図した場合
精神性の疾患を発症した場合
身体に重大な障害を負った場合
高額の金品を奪い取られた場合
A 生徒が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている。
年間の欠席が30日程度以上の場合
連続した欠席の場合は、状況により判断する。
(2)重大事態時の報告・調査協力
 学校が重大事態と判断した場合、県教育委員会に報告するとともに、県教育委員会が設置する重大事態調査のための組織に協力する。
 
9 評価
現状の取組を評価し、改善を図る。
学期末に取組評価アンケート等を実施
長期休業中に集計
集計結果を基に「いじめ防止委員会」で会議
会議の結果を職員会議で伝達
学校のHP等を利用し情報発信を行う